• ホーム
  • 意外と迷惑!子供が原因の騒音と対策

意外と迷惑!子供が原因の騒音と対策

賃貸で気を使うのは騒音です。子供だからといって、あまり大きな音を出したりするのは近所迷惑になりトラブルにつながることもあります。とくに子供は親が注意しても部屋の中を走り回ることがよくあります。
近所迷惑になるかもと神経質になるとストレスになますし、子供の出す騒音で下の階の人などにストレスを与えてしまいます。

気持ち良く生活していくためには騒音対策をすることが大切です。賃貸物件を選ぶときに防音対策がされているところを選ぶ方法もあります。集合住宅の場合は木造や鉄筋コンクリートなど色々あります。鉄筋コンクリートの方が遮音性に優れているので、そういった物件を選ぶようにします。

また、賃貸物件でも分譲マンションの賃貸を選びます。壁の暑い部屋は防音効果があるからです。賃貸物件は大家の利益を重視しているため、構造的に防音に優れたものは多くありません。分譲マンションは長く住み続けることを想定して造られているため、防音性に優れた物件が多いです。

物件を選ぶときの他のポイントは和室があることです。畳の方がフローリングよりは音を吸収するからです。和室を子供の遊ぶ部屋にすることで対策になります。
遮音性に優れていても走り回る足音を完全に消すのは難しいです。また和室がない物件も多いので、防音マットをひくという対策もあります。とくにフローリングは高音が響きやすいという特徴があります。さらに効果を高めるためには、防音性の高いコルクマットの上に防音絨毯をひきます。

足音対策で一番良いのは1階を選ぶことです。足音で近所迷惑になるのは下の階の人です。1階なら足音で迷惑をかけることがなく、足音を気にして生活してストレスを溜める必要もなくなります。
1階は足音は大丈夫ですが、子供が騒ぐことで近所迷惑になることがあります。子供は注意をしても騒ぐものなので足音以外の対策もした方が良いです。
まずは特別な工事やグッズを購入しなくても家具の配置をかえるだけで対策になります。タンスや本棚などの大型の家具は、隣の部屋と接している壁沿いに設置します。これだけでも防音の効果があります。また、長めのカーテンにすることで外から子供の騒ぎ声を漏れにくくします。遮音シートを使用する場合は単体では効果が小さいので、吸音材とセットで使うと良いです。

リビングに家具を配置するときはスムーズに動けるようにしますが、あえて移動しにくくなるように配置をします。移動しにくくなることで、子供が家の中を走り回れないようにします。

人気記事一覧