• ホーム
  • ファミリー向け賃貸!子育てがしやすい条件とは?

ファミリー向け賃貸!子育てがしやすい条件とは?

ファミリー向け賃貸を探す場合、子育てのしやすい環境かどうかがポイントになってきます。子育てをしやすくするためには周辺環境も重要になってきます。周辺環境は実際に見てみないと分からないことも多いですが、インターネットを使って情報収集もすることができます。インターネットの地図で物件の位置が確認できるだけでなく、ストリートビューで実際の周辺環境を見られます。多少変わっていることもありますが周辺の雰囲気を確認できます。

インターネットの情報収集は他にもあります。口コミや行政の取り組みなどをインターネットから検索して、子育て支援など情報を収集します。とくに土地勘のない場合は、そのエリアの口コミは貴重な情報です。そこから子育てしやすい街やエリアを絞って賃貸を探します。

子育てしやすい条件として近くに教育機関があることもポイントです。子供が1人で学校に行く年齢になったときに、学校が近くにあると安心です。
また教育機関の近くの賃貸は、ファミリー向けが多くあり周辺物件にも同世代の子供たちが多く住んでいる可能性が高いです。周辺物件に同世代の子供たちがいると、登下校を一緒にできるなど友達も作りやすくなります。

ファミリー向け賃貸は、ある程度部屋の広さもあるため家賃が高くなりがちです。子育てのしやすい条件には経済的なことも含まれてきます。家賃をなるべく抑えることで経済的負担を減らせます。ファミリー向けに特定優良賃貸住宅というものがあります。特定優良賃貸住宅は世帯収入が決められた範囲内なら、国と自治体が家賃の一部を補助してくれるというものです。対象となるための条件は、自治体によって違うので確認する必要があります。また、自治体によって保育料も違うため経済的負担も違ってきます。

ファミリー向け賃貸を探す場合、公園が近くにあるかもポイントです。子供が遊ぶところが近くにあると子育てもしやすいです。他の子供とも接することができ、親同士の情報交換の場にもなります。しかし公園が近くにあっても、樹木が茂っていて中の様子が見えない公園は不審者のターゲットになることもあるので注意が必要です。

子育てのしやすい条件には間取りもあります。ファミリー向け賃貸の場合は、3LDKの間取りが多いです。2LDKでもファミリーで暮らせますが、子供が一定の年齢以上になると子供部屋が必要になることもあります。3LDKなら、夫婦の寝室と子供部屋を2部屋作ることができます。子供が小さい場合でも、子供が遊ぶ部屋とくつろげる部屋があることでお客さんが来たときにもてなせます。

人気記事一覧