• ホーム
  • デザイナーズマンションって罠だらけ?

デザイナーズマンションって罠だらけ?

おしゃれな賃貸のデザイナーズマンションに住みたいという人も多いです。賃貸物件を探す場合に、デザイナーズマンションのデメリットを知ってからの方が良いです。

おしゃれなデザインにするために壁一面がガラスという物件も存在します。壁一面がガラスというのは光がたくさん入ってきて明るく開放感もあります。しかし、ガラスの部分から部屋の中が見られる可能性もあるためプライバシーが守られにくいというデメリットがあります。カーテンを閉めれば良いのですが、それではガラスの意味もなくなります。カーテンを閉めなくてもプライバシーが守れるか確認の必要があります。

また、バスルームがガラス張りになっていることもあります。一人暮らしでも、友人などが泊まりにきたときなどはプライバシーがない状態になってしまいます。
コンクリート打ちっぱなしというデザインの場合もあります。コンクリートは、室温が外気温に左右されやすく夏は暑く冬は寒いです。エアコンを使用しても無駄になるくらい温度変化があります。また湿気もこもりやすいため、冬は結露ができやすく夏はカビも発生しやすくなります。コンクリート打ちっぱなしでも外断熱RC住宅の場合は良いのですが、日本ではまだこのようなマンションは少ないです。コンクリート打ちっぱなしの部屋を選ぶときは外断熱RC住宅か確認しないと、室内の温度変化が激しくてエアコンの電気代もかかりますし生活すると大変です。

日常生活していると、生活同線が悪いと不便に感じることが多くなります。デザイナーズマンションはデザインにこだわりすぎて生活同線が悪いこともあります。トイレやキッチンの位置など、生活していくうえでどのように動くかイメージを膨らませて選ぶ必要があります。

デザイナーズマンションは、マンションを建設するにあたってデザイン面でコストがかかっているため家賃が高めに設定されています。そのエリアの相場よりも家賃が高いことが多いです。おしゃれな外観から一目置かれるデザイナーズマンションですが、家賃でも一目を置かれています。とくに都心の利便性の高いデザイナーズマンションは家賃がさらに高めです。都心部は空室待ちの物件の少なくないたのも家賃が高めに設定されている理由です。
デザイナーズマンションはおしゃれな見た目から一目惚れで借りてしまうこともあります。しかしさまざまデメリットを理解してから住まないと、後から後悔することになります。

人気記事一覧