• ホーム
  • タワーマンションを借りる時の注意点!

タワーマンションを借りる時の注意点!

きれいな部屋

タワーマンションは周囲に遮るものがなく日当たりが良いというメリットがあります。とくに角部屋は窓が多いので日当たりも良くなりますが、家具を置くスペースも少なくなります。

また角部屋は外と接触している部分が多いので熱伝導の関係で、外気温の影響を受けやすくなります。タワーマンションの高階層の角部屋になると夏は暑く冬は寒く感じることも多いです。快適な室温で過ごすために1日中エアコンをフル稼働するなど電気代がかかります。夏は部屋の温度が上がりやすいのでクーラーもききにくいです。角部屋以外でも高階層は窓が少ししか開けられなかったり、強風のため窓を開けて室温を調節することができません。窓を開けて換気ができないため綺麗な景色を見ながら自然の風を感じることは難しいです。また、日当たりが良いということは家具が日焼けしやすくなります。

賃貸で借りる場合の注意点は他にもあります。一般的に賃貸物件を探すとき南向きの部屋を探すことが多いです。日本は高温多湿のため、北向きの部屋はカビが発生しやすく体調まで影響を与えることがあります。しかし、タワーマンションの場合は北向きの部屋を選んだ方が良いです。高階層は風が強いため基本的に窓を閉めて暮らすように造られています。窓を開けて換気ができないため、1日中空調機で部屋の湿度をコントロールするようになっていますタワーマンションでは北向きでもカビが発生することは少ないです。南向きより家賃も低いうえ、夏の暑さも抑えられるためクーラーを1日中つけるよりも体調にとって良いです。

タワーマンションは軽量化されたコンクリートの開発などにより鉄筋コンクリート造りになっています。耐震性などには優れた造りになりますが、高気密のため結露が発生しやすくなります。北向きはカビが発生しいにくいとはいえ、換気システムは欠かせないものになります。
また、タワーマンションのような高層マンションで多い造りとして鉄筋鉄骨コンクリート造りがあります。気密性は高いものの、熱伝導率が高く外気温の影響を受けやすくなります。ただし、物件の外壁に外断熱が施されていると熱伝導率が低くなります。

タワーマンションを借りるときは、できれば高階層に借りたいという人も多いです。しかし、低階層の方が良い場合もあるので注意が必要です。同じ間取りでも低階層の方が家賃も安く、エレベーターが止まったときなどは高階層に住んでいるほど大変です。

人気記事一覧