部屋について説明する女性

転勤族の場合、どこを拠点にしてよいか分からないなどマイホームを持つのが難しいことがあります。

転勤族なら無理にマイホームを持つ必要はなく退職まで賃貸でも良いです。マイホームを持っても住宅ローンを毎月支払う必要があります。転勤族なら賃貸物件を利用する場合は家賃補助をしてもらえることが多いです。家賃補助があることで住宅ローンを支払うよりも負担が少ない金額で賃貸なら住めます。
会社によっては社宅が用意されていることがあります。社宅を利用するメリットはなんといっても賃貸を利用するよりも安く住めることです。しかし、社宅には上司なども住んでいるため、家に帰っても仕事の人間関係がつきまといます。子供同士が同じ学校に通うなど、プライベートでも気の抜けない可能性があるため賃貸よりも不安なことがあります。

優良な賃貸を見極めるためには、希望条件を書き出すことをします。全ての希望を兼ね揃えた物件は難しいかもしれませんが、不動産仲介会社に相談するときも希望条件は必ず聞かれます。希望条件をきちんと伝えられれば、不動産仲介会社も適切なアドバイスがしやすくなります。
また、条件に見合った物件に極力近いものを探してくれます。優良賃貸を見極めるためには、単純に築年数が浅ければ良いというものではありません。築年数が経っていても綺麗に手入れの行き届いた物件や、リフォームされて綺麗になっていることがあります。
リフォームされていても築年数が経っている分、家賃は安かったりします。また、家族構成や好みなどによって優良のポイントが違ってきます。条件を書き出したら優先順位をつけます。絶対に外せない条件が分かれば物件を見極める際のポイントになってきます。

先人の知恵を活用することも大切です。

転勤族の場合は、赴任先に同じように転勤族として赴任している上司がいます。優良賃貸を見極めるためには物件だけを確認するだけでありません。立地などによっても住みやすさは変わってきます。しかし、治安の良い立地などは住んでみないと分からないこともあります。そんなときにアドバイスをもらうのが先に赴任している上司です。上司の知恵を借りることで、新しい土地での生活の不安も減らせます。また、どのあたりの賃貸を借りたら良いかなどもアドバイスしてもらうと、優良賃貸を見極めやすくなります。実際に生活して感じる不便さなどを聞いておくのも良い方法です。知恵というのは実際に体験した失敗談などから学ぶものだからです。

人気記事一覧